クリスマス・イブ(*⌒ー⌒*) あと8日

クリスマスということで、昨日は鶏ももの照り焼きだったので

今日は一人で過ごすクリスマスでもフライドチキンを食べようと

某有名フライドチキン屋さんに行き、ドライブスルーで順番を待ってる間に

1人だから3本にしようか4本にしようかと待っていました(^-^)

海坊主の順番がきたので「フライドチキン、バラで4本」と頼みました(^-^)

するとスピーカーから・・・

「本日はパーティーセットの○○と○○などのセットのみとなっております」…、(^_^;)

「バラでは買えないんですか?(^_^;)」と聞いたら・・・

「・・・申し訳ありません」と、きたもんだ…(-_-;)

(;-_-+ そうなのかぁ・・・、もちろんその店では何も買わないでドライブスルーから帰りました。


こうなるとナンだかシャクにさわるので、いつも行くスーパーにフライドチキンを探しに行って

在庫が無くなっていたビールと一緒に手に入れてきました^^;



ビールは、たまに違うビールにしようかと思ったりしたんですが

「金麦」セットのオマケに心惹かれて強い意志で購入!f(^-^;)



年賀状用のポストカード、「ことしは うしっ!」がイイです(の´ⅴ`の)



さて、なんだかんだと前後しましたが・・・


 メリークリスマス(^O^)/









 この絵は決して海坊主のコスプレではありません<(_ _)> f(^-^;)



この時期いつも思い出すのが、観られた方も多い映画の「34丁目の奇跡」です



この映画は、サンタクロースはいるの?いないの?と、その存在を通して

夢を信じることの大切さ描いた作品ですね(^-^)

アメリカ映画界はアクションやCGや未来映画だけでなく、

こんな素敵な映画をもっと作ってほしいものです(^_^;)

この映画のサンタ役のリチャード・アッテンボローは熱演で

きっと本物のサンタクロースは、こうなんだろうなぁって思えるくらいでした^^

そして一番気に入ったところは特撮などを使ってないところです(^-^)

大人になるとプレゼントはなかなかもらえないですから

せめて今夜はステキな夢が見れますように・・・(*⌒ー⌒*)



2008年12月24日 Posted by海坊主 at 23:06 │Comments(6)

この記事へのコメント
昔々今は無き桑野のアメリカ村アークのKFCで
同じようなことがあったのを思い出しました。

憤懣は
檀れいの笑顔に免じて
美味しいお酒をお呑みください。


「34丁目の奇跡」は名作だよね。。。^^
Posted by Non-bayNon-bay at 2008年12月24日 23:17
【Non-bayさま】
アメリカ村アーク、ありましたね(^-^)
あそこもNon-bayさんが関係されてたんですか?
あそこのリーガルショップは何度か行ってました。

壇さんの笑顔でもうすっかり落ち着きました^^;

「34丁目・・・」、初めて観たのは、たしか中学生?の頃、
深夜の映画劇場で白黒だったような気がします^^
本当に名作ですね(^-^)
Posted by 海坊主海坊主 at 2008年12月24日 23:26
あそこのKFCで
同じようにクリスマスに売ってもらえなかった
思い出です。


ちなみに
当時のREGAL SHOESはクライアントでしたけど。。。
Posted by Non-bayNon-bay at 2008年12月24日 23:50
【Non-bayさま】
今夜か明日はNon-bayさんはケンタだろうな^^と
思って海坊主もと企んだんですが^^;
明日は、いつも通りお刺身がイイな^^

リーガルはクライアントだったんですか^^;
当時営業だったんで靴の減りが激しいので
靴底を張り替えてもらったりしてたので覚えてます^^
Posted by 海坊主海坊主 at 2008年12月25日 00:00
私も今日スーパーに
買い物に行きまして~

照り焼きチキンが
3本・5本セットで売ってました・・・

買おうか買うまいか
迷って結局買いませんでした・・・
・・・旨そうだったのに
パッケージが破れてて・・・


・・・金麦のポストカード!?
可愛いです^0^
Posted by アレックスアレックス at 2008年12月25日 00:06
【アレックスさま】
スーパーで時々、子供が指でラップをグリグリしているのを
みかけますね^^;
子供ならまだイイんですが最近は物騒な世の中ですから
疑わしいものは自分で排除しないといけませんね^^;
「金麦」のポストカード、あと数パターンあるんです^^;
Posted by 海坊主海坊主 at 2008年12月25日 00:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。